スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
しつけについて考え中・・・
2005 / 07 / 27 ( Wed )
今日の育児サークルの会場は、とある保育園。「園長先生のお話を聞く」というのがメイン企画でした。

園長先生のお話しから・・・

『ウチで「親の求める子ども像」を演じている子はどこかで必ず爆発する』

「我慢が3歳児で身に付いてしまってる無表情、無気力の子どもが園に来て、最近ようやく「いや、いや。」を言って自己主張し始めてるんですよ。」
・・・園長先生嬉しそう。

『子どもらしいワガママを子どものうちにいっぱいはき出させてあげることが大事、我慢させすぎないで・・・』

実際、色々な保育園へ行ってるけど、ここの保育園の子はどの子もホントに反応が良く表情がよく人なつっこい。。。園長先生の話、説得力あるある!


「いやいや、いい話聞いたねぇ」
なんてママさん同士言いながら園内で持ってきた弁当を広げて昼食をとりました。(ウチのkokkoはおっぱいタイム!)

このサークルはkokkoよりも大きな子達が殆ど。私はkokkoにおっぱいをあげながら、その子達のお昼の様子を見ていました。ある男の子(2才くらいかな???)その子は、お友達の唐揚げに手を出したり、他の子のお弁当の上をまたいで走り回ったり、とうとう他の子の水筒の水をこぼしてしまいました。

むむむむ・・・これはママさん、厳しく叱った方が良い場面なのでは???我慢させたほうが良いのでは・・・

この時には園長先生はもういなかったのですが、私はぜひこういう時に保育のプロだったらどんな風に対処するのか、というのを見てみたかったです。

私も園長先生の考えに賛成です、「我慢ができる子にするために厳しく育てる」っていうのは短絡的で、それがしつけで一番大事なことだとは思いません。「でも、我慢は出来る子にしたい・・・」

ふぅ難しいですね。
育児って自分自身の考え方や生き方が問われてるような気がするときがあります。
スポンサーサイト
しつけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おもちゃ | ホーム | どうやらウチの子は・・・>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kokokoutan.blog8.fc2.com/tb.php/78-23bf0c10
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。