スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ホワイト博士の育児書
2005 / 07 / 01 ( Fri )
「ホワイト博士の育児書・・・3才までに親がなすべきこと」
この前、夫がkokkoをあやしていたところに私が現れたとき、kokkoが夫を不愉快な顔でバシバシ叩いて「(ママに変わってよ?!)」というアピールをしました。
なんだか出てきたよ出てきたよ・・・自我が、子どもらしいワガママが・・・。

ということで、「いよいよしつけについて考えなくちゃなぁ」なんて思っていたら、お勧めの育児書ということでママ友からおしえてもらった本です。
なんだかすごくタイムリーかも。。。読んでてメモをとりながら夢中で読みました。というのも、8ヶ月くらいまでは溺愛で良いんですって。だからほとんどの親がここまでは上手に子育てできてる・・と。
でも、8ヶ月からは、しつけも考えた育児が大事なんですって。
まさに、kokko8ヶ月。
大事な時にきているんですね。
今週末もう一度読み直してみてぜひここで感想、ご報告いたします。
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハイハイばんざーい | ホーム | 赤ちゃんはなんでも知っている>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kokokoutan.blog8.fc2.com/tb.php/65-61c8b9cc
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。