スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
教育ママゴン
2005 / 06 / 03 ( Fri )
今日は、kokkoとお勉強系の体験教室へ。
体験は私たちだけ。普段行われてる教室の親子に混ざって体験させてもらった。狭い教室の中にイスと机がおいてあって、一度座ったら立ちあがるのも難しいくらい。
もう、そのその様子を見ただけで、帰りたくなった。私が帰りたくなったんだからkokkoも帰りたかっただろうに・・・。
授業は50分、座りっぱなし。
kokkoはイスになんか座ったことない。一人座りだってまだ完全じゃないのに・・・
最初は、「私が抱っこしててあげよう」と私の上にkokkoを抱えて座っていた。でも、周りの同じ月齢のような子たちがちゃんとイスに座ってたりするのを見るとなんだか「座らせなきゃ・・・」という気になってしまった。
フラッシュカードを何枚も先生が見せたあと、動物のカードをお母さん達にくばり、お母さん達は一生懸命子どもに「これはキリン。これは亀・・・」と説明していた。その姿は親子で「楽しむ」っていうよりも「教えなくちゃ」という気持ちが全面に出ていて、ちょっと怖かった。
でも、そんな中にいて、周りのお母さんが一生懸命やっていたりするのを見ると段々と
「こういう事kokkoにもしなくちゃいけないのかな?」という気になってくるのだ。
教室の中は最初寒かったけどあっという間に暑苦しいぐらいになって、
kokkoもおっぱいを欲しがり始めた。
おっぱい欲しがって我慢させたことなんてない私は、さくっとkokkoに
おっぱいをくわえさせたらなんだか妙な雰囲気・・・
確かに、周りでkokko以外にぐずってる子もいたけど退室もしないし授乳する様子のママはいなかった。

後からもらった資料のなかに、「授業中の授乳は禁止」と書いてあった。
えー!!!やだやだそんなの・・・今は泣いてたら抱き上げてあげたいしおっぱい欲しがってたらおっぱいあげたいよ私。

更に資料には、「10ヶ月すぎたら断乳することが大事」とも書いてあった。
いやいや、それは私受け入れらませんから・・・
kokkoがおっぱいを体力的にも精神的にも必要じゃなくなるとき自然に
卒乳させてあげるんだもの。

授業がようやく終わり、教室を出るとき、ママさんたち同士、挨拶もしない。一組だけ、なんだか「あの教材がどうしたこうした」とかいう話で盛り上がってて、駐車場につくまで夢中になって話してた。
抱っこしてる赤ちゃんの話なんかには全然なってないようだった。

ごめん ごめん kokko帰ろう帰ろう!!!
kokkoと私は教室を出たとたんいつもの調子が戻ってきて元気元気

私はkokkoにとってどんなママさんになりたいのか分かった事が今日の収穫したものです。

でも、ああいう中にいて、「子どもにとって大事、大事」と言われたら頑張ってしまうママの心理も分かります。子どもを愛する気持ちは同じだもんね。

友人に「早期教育は今、ビックビジネスだもんね」と言われた。あぶないあぶない・・・のっかっちゃうところだった

スポンサーサイト
おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小市民の休日 | ホーム | お誕生ブック>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kokokoutan.blog8.fc2.com/tb.php/44-c1ac3e18
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。