スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
生まれる命・去りゆく命
2006 / 05 / 20 ( Sat )
毎日泣いていたら、目の二重のところが大きくなってしまって、ガチャピンみたいな目がますますガチャピンみたいな目になってしまいました

今日は、初七日でした
私と同じように、「ばあちゃんが大好きな従兄弟達」は
もう、今日は泣いてなくて、、、
というか忙しく来てくれた人たちへの接待に追われていてそれどころではないという感じでした

なんとなく、なんとなく「もう泣いちゃいけないのかな」なんて
思って、気持ちを明るくしようと話し方を明るくしてみたり友達に楽しいメールを送ってみたりしました



今日は、演劇鑑賞の日・・・
鈴置洋孝プロデュースの「煙が目にしみる」というお芝居を見に行く計画を前からたてていました

一緒に行く予定だった母は当然のごとく「行く気分じゃない」ということで私一人で夜、出かけて行くことになりました

のっけからテンポの良いコメディーで沢山笑えたのに
後半に
「死んでしまった夫と、生きてる妻が葬祭場で、最後の会話をする場面」が出てきて、また、自分の気持ちを抑えられなくなってしまって
また、大泣きしてしまいました

自分が母になって
「命の尊さ」を知って、去りゆく命を送る悲しさに今、向き合ってます



スポンサーサイト
おでかけ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<たんぽぽ | ホーム | 誕生日もうすぐなのだ>>
コメント
--温かい思い出に--

おばあ様がお亡くなりになったのですね、それはとても寂しいことでしょう。初七日なんですもの、まだまだ寂しいですよ。泣いてもいいんですよ。

私も長女が満二歳の誕生日を迎えた十日後に、ずっと同居で生活していた祖母を亡くしました。その時ちょうど次女を妊娠中で、八ヶ月のおなかを抱えての通夜・お葬式でした。
ご縁があり、飯田史彦さんの「生きがいの創造」という本を、祖母が亡くなる直前に拝読する機会がありました。病気発覚から亡くなるまでわずか40日。そんな短期間であったにもかかわらず自分の心の動きが非常に穏やかであれたのは、この本のお陰でした。shuuさんももしよろしければ一度お手に取られてみてください。

寂しさに悲しくて涙が出るのは、残された私たちなんですよね。でも時間がたち、8年たった今では祖母の思い出に温かな涙が出ます。「愛してくれて、ありがとう」という温かな涙が。

天国に行かれた方々は、私たちがどんな思いで日々過ごしているのかご存知なんですよね。ですから、「ああしてあげればよかった、こうしてあげればよかった」と出来なかったことを後悔なさらなくても十分、お気持ちが伝わってることと思いますよ。愛し愛された沢山の思い出が、寂しいsyuuさんのお心を慰めてくれることとお祈りしています。

闘病はお辛いものだったのでしょうか、もしそうなら今はもう開放されて楽になっていらっしゃるでしょうね。
闘病なさる姿を見続けるのも辛かったことでしょう。

寂しくて涙が出てくるときは、寂しい涙をしっかり流してご自分に無理をなさらないようにね。大丈夫、時間がちゃんと癒してくれます。しっかり泣いてしっかりお見送りなさって、亡くなったおばあ様に笑顔でkokkoちゃんのご成長をご報告できる日が、また訪れることを、お祈りしています。

ちなみにうちの息子も最近やっと「やだ!」を覚えてしまいました。苦笑 電車が大好きで、プラレールな日々です。散歩に出ては「電車、電車」と路面電車を見に連れて行く電車男です…。

by: きのこ * 2006/05/21 04:49 * URL [ 編集] | page top↑
--ご愁傷様でした…--

おばぁ様がお亡くなりになったのですね。
ご愁傷様でした。

人はいつか死ぬ。これは避けられないことですね。
残された人は、それでも前に進まなければならない。
一日一日を大事にしながら。
早く元気を取り戻してくださいね!!

P.S.
お芝居、興味深い内容でしたね。お誘いいただいたのに、行けなくて残念。でも、隣りでsyuuさんに泣かれちゃってたら、僕は困ってしまって、ワンワンワワンとなっていたかもしれませんね…(^^;)
by: MIUパパ * 2006/05/22 21:43 * URL [ 編集] | page top↑
--きのこさんへ--

ありがとうございます、きのこさんの言葉を何度も読み返して救われた部分が沢山あります。こんなに丁寧にコメントくださったこと本当に嬉しいです。
by: syuu * 2006/05/28 00:17 * URL [ 編集] | page top↑
--MIUパパへ--

ごめんね、突然の誘いで。。。結局みんなに振られて一人で行ってきました。ワンワンワワン、、、伝わりました。もう!笑っちゃいました!
by: syuu * 2006/05/28 00:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kokokoutan.blog8.fc2.com/tb.php/277-b02f677d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。