スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
東京タワー
2005 / 11 / 27 ( Sun )
只今、アマゾンでの売り上げ7位。
図書館では「予約が多くて、早くても来年の6月以降の貸出しです。それでも予約しますか?」と司書さんに言われてしまった。

そんな、リリーフランキーの「東京タワー」を買って今日、kokkoの「お昼寝中に」読みました。

買った本の帯には、福山雅治までが「この本は感動する・・・」みたいなコメントを寄せていて、他にも何人もの人のコメントが「これは泣けます」「良い本です」みたいな事がおしつけがましいくらいに寄せられている・・・
このコメント群はちょっとひきました。
だから読み始めたばかりの時は「泣かそうと思っても早々簡単には泣かないよ?」という冷めた感じで
どうしても感情移入できずにいましたが・・・


「私は両親に優しいかな?」と自分に問うてみたら
「そんなに優しくない、ときどきうっとうしく感じて邪険にしてるかも」
と言うのが正直な回答。
kokkoができて「親の愛情ってこんなに深いものだったんだ」ということに気付いたのに・・・

そんな未熟な、いつまでたっても子どものままの私。
この本で改めて「親は大事にしなくちゃ」「優しくしてあげよう」
と思うのでした。





スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<我の育児論 | ホーム | 水星人、只今、大殺界中!>>
コメント
--TBさせて頂きました--

本当親について考えさせられる本ですよね。クールに読まれたんですね。僕は最後泣けました。
by: イッチー * 2005/11/28 15:55 * URL [ 編集] | page top↑
--イッチーさんへ--

クールに読み始めたけど実は、3回ほど泣き所がありました。
そして読み終わった今日も、思い出してうるっときました。
トラバ、私も是非・・・と思ったのですがやり方がわからないので諦めました。。。
by: syuu * 2005/11/28 23:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kokokoutan.blog8.fc2.com/tb.php/171-6cb4ac7e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。