スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
保育園で感じたこと
2005 / 11 / 23 ( Wed )
「丸太の階段をのぼって一人で滑り台の頂上まで行く」
こんな体験をこんなに早く見られると思いませんでした。

「kokkoちゃんなら絶対大丈夫」という1歳児担当の先生の言葉に背中を押され、kokkoが・・・じゃなくて私が決心して挑戦させました。

先生が、kokkoの様子を見ての根拠のある「kokkoちゃんなら大丈夫」っていう話は「プロ」って感じでした。

昨日は、保育園のベビーサークルの日。
園の子達と一緒に遊ばせてもらいました。


保育園の子どもたちはたくましく、この寒いのに裸足で外で泥遊びをしていました。ハイハイの子だってkokkoののぼった滑り台を一人でのぼったり滑ったりして遊んでいました。

やっぱり保育園に入れるのって大事かなぁ、プロの人に見てもらえるのっていいのかもなぁ

なんて思って家に帰ってきました。
夫に園での事を報告しました。
園のベビーたちのたくましい姿と、、、

それと、ベビー達の泣いている姿・・・

確かにkokkoより大きな子どもたちは、すごく生き生きしていたし、良い表情していました。

でも、やっぱり0歳児や1歳児はあらゆる場所で泣いてました。
手を高くあげて、「(抱き上げて)」というジェスチャーをして。
顔は涙と鼻水でぐじゃぐじゃになっていました。

先生達が一生懸命それに応えようとしている姿もみられたけど
抱き上げてもらえない子達もいて
切なくなった私は何人かに手を差し出していました。
でも、それもほんの一時の事で、
そのベビー達が欲しい物はそんな「一時」ではないんだろうなぁという事を感じていました。

かわいそう、なんて言ってはいけないって思うけど
やっぱりあの子達の泣き顔が忘れられないまま今日このブログを書いてます。

私も妹もすごく早い時期から保育園に預けられていました。
その時の記憶は殆どないのだけど
もしかしたら記憶の奥深いところに「その頃」の感覚が残っているのかもしれません。だから切なかったのかも・・・

保育園に預けている人達を、私の両親を
責めているわけじゃありません。
きっと、0歳児や1歳児のベビーを自分で保育したい、って思っている人が多いはずです。
したいのにそうできない社会的背景を考えてしまいます。








スポンサーサイト
私のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<公園はしご | ホーム | おすすめ育児グッズ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kokokoutan.blog8.fc2.com/tb.php/167-76082dc9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。