スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
赤ちゃんはなんでも知っている
2005 / 06 / 30 ( Thu )
読み聞かせの会へ。おばあちゃん達のボランティアによるものだったんだけど、今まで行った中で抜群に良かった。エプロンシアターから、ブッラクシアター、ビック絵本・・・と次々に子どもたちが飽きないような工夫がしてあって、会場にいたお母さん達もすっかり巻き込まれて一緒に楽しむことができた50分だった。

今日は、反省しなくちゃいけない事を書き込まなくては・・・。

と、いうのも、私、今日会う人会う人にkokkoのハイハイの事を愚痴ってたんですね。
「歯が生えたのね」とママ友さんに声をかけられれば「でも、ハイハイはまだなのよねぇ」とか言う具合に。
出歩く先で同じ月齢の子達がどんどんハイハイを始めてるのを見て焦りがでてきしまったのが昨日。そして、その焦りが「なんでうちの子は・・・」というニュアンスの話し方になってしまったと思うんです。

さんざん色んな人に話して帰るその帰り道、
「kokko聞いてたらかわいそうだな」
と思いながら運転していました。

帰ってきた夕方ごろから、kokko、ぐずぐず始めました。
私が抱っこすればぐずぐずはおさまるはず、で今までそうして泣きやませてきたのに・・・。なのに、私の腕からのけぞるように泣き出したのです。

やっぱりkokkoは分かっていたんだなぁ、聞いていたんだなぁと感じました。
kokkoを連れて家の周りをぐるぐる歩きながらkokkoに何度も謝りました。「kokkoは良い子にそだってるよ」「ごめんね、ごめんね」と。


kokkoは私の指をつかんで立ち上がるのが大好きで、それを「すごい!すごい!」と言って誉めてあげると「(すごいでしょ!?)」っていう得意顔をします。
一人遊びしている時に、kokkoの事を大人達が「かわいいね」なんて話しているとそちらの方を向いてニコニコします。

やっぱり、今日、私が他の子とkokkoを比べて、否定的なことを言ってたことが伝わっていたのだと思います。

kokkoが聞いてるってことがわかったんだもの、kokkoに聞かれたくないこと、聞かれたら恥ずかしいようなこと、言わないようにしよう!って思いました。

反省です!

スポンサーサイト
kokko | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
サマージャンボ買うでしょう!
2005 / 06 / 28 ( Tue )
妊娠した去年、ある人に「今年は当たり年だから宝くじ買うといいよ」
といわれた。でも働きながらの妊婦さんだったのでそれどころではなくって言われたことも忘れてた。でも、妊娠6ヶ月の時、切迫気味と診断され絶対安静になりベッドの上での生活が続いた。そのときにようやく言われた言葉を思い出し「懸賞でもやってみよう」という事になり何枚か書いてみた。
そ・し・た・ら、次々と当たるじゃないですか・・・。「なーんだ懸賞なんて書けばあたるんじゃん」って思えるくらいよく当たってました。
頻繁に、何枚も出したかというとそうでもないと思う。月に多くて3まい、出さない月もあり。一つの懸賞に一枚・・・こんなもんです。

で、kokkoのお世話にもなれてきた4ヶ月ころからまた同じペースで始めたんです、懸賞。そしたらやっぱりよく当たる。当たらなかった懸賞のほうが絶対的に少ないくらい。懸賞だけじゃなくて、スーパーのイベントでガラポン回せば、一等が・・・アンケート書けば商品券が・・・というように。今日も当たった当たった!!!ゼラニウムのアロマオイル。

ふーっプチ自慢してしまいました。
でも、「妊婦さん」&「ちょっと前まで妊婦さんだった人」はぜひ懸賞やってみてくださいな。いやいや懸賞なんて言わずサマージャンボ買いましょうよ。
私のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人見知り場所見知り
2005 / 06 / 27 ( Mon )
ひいばあちゃんの入院先へkokkoとお見舞いに。半日いたら次々と親戚やら近所の人に会えた。kokko、この頃本格的に、人見知り・場所見知りが始まったようだ。誰に抱かれても、「うっ、うっ」と私の方に手を伸ばしてきて抱かれようとしない。

kokko、只今お昼寝中。寝るまでの間、布団の上で、お気に入りの絵本「おひさまあはは」「ゆめ にこにこ」を読んであげたり、遊んだりして二人でげらげら笑ってた。
最近の遊び・・・なぜか「ぱっくんちょ」という言葉が好きで私が大きな声で言ったり耳元で言ったりと色々なバージョンで言ってkokkoを笑わせている。あと、床をドンドンと叩くとkokkoも真似してドンドンと叩く遊び。ドンドンドンドンと叩くとkokkoもドンドンドンドンと叩き「(次はママの番だよ)」という感じで私の為に間をあける。

遊んでるとき、笑ってるときのkokkoの姿、こんなにかわいいのになぁ見せたいなぁ・・・と思いつつ・・・。

人見知り・場所見知りは成長の一環だしいつかなくなるものだもんね。
kokkoをかわいがってくださってる皆様方々、なのに、抱っこすると泣かれてしまう皆様方、しばしお待ち下さいね。kokko、只今成長中。
おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
良いkokko
2005 / 06 / 26 ( Sun )
今日も昨日も、ちょーご機嫌で全然手がかかりませんでした。
そうすると、それはそれで心配になってしまいます。
いいんだよ、ぐずっても・・・と。

なんだかうざったいママかも・・・私って。
kokko | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
友達
2005 / 06 / 25 ( Sat )
プレママ教室に行ったのは去年の8月。初め、顔を合わせたときは仲良くなれる人いなそう・・・というのが第一印象。集まった7人とも、年齢も雰囲気も全然違ってて、ママ友を作る気まんまんだった私は正直がっかりしたのでした。
でも、今や、私にとってもkokkoにとっても、大切なともだち。やっぱり、色んな偶然が重なって出会ったんだもの、縁があったんだなぁって思います。

私はこの仲間の中では2番目の年上。でも、今日もみんなに育児相談しまくってきました。今日のわたしの最大のクエスチョンは・・・

kokkoの「抱き癖」について・・・。kokkoと二人きりの平日は私から離れない。私も泣かせたくなくて、ついすぐに抱っこしてしまう。
でも、一人遊びも上手になって欲しいな・・・って事。

みんなからのアドバイスは、《「泣いても、場合によっては声だけかけてすぐに抱っこしない・・・」とか、「ママにやるべきことがあったら目は離さないけど泣きっぱなしにさせてる・・・」》とか
私が普段絶対できないような育児のしかたを色々聞かせてもらった。

すぐに手を出しちゃう私。トイレにまでkokkoを連れていったりしちゃう私・・・。

みんなは、もう既に、お世話に必死だった頃を越えて「育てる」ところまで行ってしまってたのですね。

今日、みんなに会えて良かった良かった。

ママ友たちに、時には「ウチも一緒一緒」と慰められ
時には「こうしたら?」「ウチはこうしてるよ」とアドバイスされ
そのお陰で毎日楽しく育児ができてます。

ありがとう!これからもよろしくね。
kokkoの友達・ママの友達 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
絵本美術館
2005 / 06 / 23 ( Thu )
今日は絵本美術館に行ったことを書きたい!
・・・・とおもってました。
最近オープンした海の見える高台にある絵本美術館。有名な方のデザインの建築ということでも話題になりました。で、今日、行ったんだけど行ってないというかなんと言うか・・・

絵本美術館に入ったとたん、kokkoが急に大泣き始めたんです。
「場所見知り」は初めての経験。
いったん外に出て、kokkoの機嫌を伺って再度チャレンジ・・・。
でもやっぱりダメでした。

3ヶ月前に予約してようやくとれた入場券。kokkoを膝に抱いて、素敵な美術館の中で、素敵な絵本を読んでいる風景を勝手に想像してとても楽しみにしていたのに・・・。何も、今日、ここで場所見知り初体験しなくたって・・・。


2度目の大泣きで諦めて外にでたら、あっという間にご機嫌になって、スリングの中で「あーーーうーーー”!」と声を出していました。
そんなkokkoを見たら笑えちゃって、「この?!!!」って言いながら
ほっぺにちゅーしまくりでした。

相手にこんなに寛容になれるなんて、子どもを持たなかったら一生経験することなんてなかったのかもしれないなぁなんて思ってしまいます。
だって、夫にこんなことされたら大ゲンカだし、つきあってる頃だったら別れようとか思ってしまうかも・・・。


つづき・・・しかしこの後、ながーい時間kokkoのぐずりが続き、「寛容」だった私もぐったり。あやす気にもなれなかったのでした。育児は修行のようですなぁ


未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
いや?ん
2005 / 06 / 22 ( Wed )
夫の弁当に、今日はkokkoの離乳食の「ジャガイモがゆ」入れてみました。職場の人に見られて「これ、離乳食でしょう?」って気付かれた、とのこと。

スイミング開始時間より早めに到着。車の中で、kokkoと待ってました。その間、kokkoの口に、ちゅーしまくってたら人に見られて少し恥ずかしくなりました。
離乳食 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鍵っ子kokko
2005 / 06 / 21 ( Tue )
ママ友達、仕事復帰に向けて両親と同居するらしい。
「賛成 賛成 大賛成!!」と私なりの意見、スイミングの帰りの駐車場で立ち話しながら述べて参りました。

とはいえ、我が家も只今核家族。でも、いずれどちかの両親と一緒に住みたいなぁと思ってるんです。
私の性格上、あちらの両親とうまくやれる自信はないし、自分の親とだって仲良し親子とは言われてるけど一緒にすんだらケンカ三昧だろうなぁ。

でも、でも、どうしても鍵っ子kokkoにはしたくないんです。

なぜなら私が子どもの時鍵っ子だったから・・・。

鍵っ子でも、ちゃんと育ってる人沢山いるんだろうけど、私も妹も「あの頃」を乗り越えるのにとても時間がかかりました。

小さいときの事を話し始めると二人で泣いてしまいます。
寂しい・・・なんて気付かないほど二人きりの時間を普通に、あたりまえに過ごしてきてたけど、あのころがトラウマになって色々な形で自分の体や心に影響を及ぼしすようになってきてやっと、「あのころ寂しかったんだ、私たち・・・」と気付くことが出来ました。

夕食を作りに帰ってきてから母がまた、仕事に行くときは、妹が母を追って泣いたこと。はじめは泣きやまない妹を抱きしめて泣きやませようとしたけど自分も苦しくなって泣いて妹をたたいてしまったこと。
嵐の夜が怖くて、妹と抱き合って眠ったこと。
雪の日、鍵を忘れて、倉庫の中で母の帰りを待ったこと。
インフルエンザなのに母がウチにいてくれることが嬉しくて、眠らないようにしていたこと。

思い出さないように心の中に封印していたことが、自分をもう一度育て直そうとした時、思い出す必要があったのです。あのころを思い出す事は父と母を責めてしまうことになるのが辛かった、だから思い出さないようにしていたのだと思います。

小さかった頃の自分を思い出して、自分自身で受け止めて、ようやく前にすすめられるようになった気がします。
学生時代の不安定な自分を受け止めてくれる仲間との出会いがあって変われた気がします。
子どものような部分を私と一緒に育て直しをしてくれた夫の存在があって闇から抜けられたような気がします。


kokko、未だにはいはいできないくせに私を後追いします。
部屋からいなくなると大泣きしてしまいます。
そんなkokkoを抱き上げた瞬間、小さかった頃の自分を抱き上げた気がして涙がでた時がありました。「こうやってすぐにママに抱っこされたかったんだよね」とkokkoに赤ちゃんの自分を重ねて泣きました。

私のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
早寝早起きキャンペーン中
2005 / 06 / 19 ( Sun )
夕食を必ず、6時から6時半までの間に食べる。朝、七時までには起こす。夜八時にはお布団へ。この3つを今、頑張ってます。

アマゾンで買った「はやね はやおき 四回食」という本で、いかに子どもにとって生活のリズムを整えることが大事か、ということを読んで納得。実践して4日目です。

さてさて、その結果の程は・・・というと、たった4日でも明らかに変容が見られます。「快食快便になった」ということ。「情緒的にすごく安定している」ということです。

情緒が安定しているなぁってどんな場面で感じるかというとぐずらないのはもちろん、よく笑うってことが一つ。
絵本も集中して見てらいられる、だから何冊でも読んであげられる。散歩でも、色んな物に興味を示して声を出したり手を伸ばしたりする。手遊びやわらべ歌に反応して楽しそうにしている。

体に良いことは、心にも脳にも良いのだなぁと思うのでした。


離乳食 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
仕事復帰したくないよう!!
2005 / 06 / 17 ( Fri )
スーパーの駐車場にウナギの蒲焼きが・・・。ケースにも入ってなくて一枚ペロッと駐車場に落ちていて、私、それ踏んでしまいました。
なんであんなもの落ちていたのか?気になってる自分。

なんだか毎日平和なのだぁ

でも、最近、ママ友達がぽつりぽつりと仕事復帰し始めています。
私の復帰も、日に日に近づいてきています。
はぁーっ憂鬱なのだ
私のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
突発性発疹
2005 / 06 / 16 ( Thu )
突発性発疹でした。最近やけにぐずるなぁと思っていたら昨日、熱が出て・・・。でも熱は半日で下がり発疹も一日で消えてしまった。熱も、平熱よりもちょっと高めなくらいですみました。

あれっ???という感じ。
色々な人から聞いた突発の様子とは全然違ってました。高熱が三日続いた、とか、吐いた、とか、高熱のせいで眠ることもできず泣いていた、とか・・・。

いやいや、でも良かった良かった。熱で苦しむkokkoを見るのが怖かったけど、それもなかったし。

そして、今日のkokko、全快です。
ぐずぐずしていた何日間が嘘のよう。ちょっとあやすと大喜びするから
今日はいっぱいサービスしました。スリングでkokkoを抱いて、公園で滑り台をすべったり、シャボン玉をとばしてあげたり・・・。お昼はファミレスで、うどんをとって食べさせました。(ファミレスデビュー!
今日は添加物とかなんとか、そんなこと気にしない気にしない)

ホント、楽しい一日でした。「また、明日も、楽しい一日にしようね」
kokko | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
語りかけ育児
2005 / 06 / 14 ( Tue )
ママ友に勧められて買った「語りかけ育児」の本。

「赤ちゃんはまだ、聴きたい音だけを聴く、ということができない。
だから、テレビ・ビデオ・ラジオなどの音のないところで、語りかけ育児が成立する」

読んだばかりの頃は、まじめに取り組んでいましたが
最近は、CDを一日2時間から3時間くらいかけていました。
kokkoに良いんじゃなかなぁと思われるCDを・・・


でも、kokkoのぐずりが最近ひどかったので、CDをかけずに一日過ごしてみました。
そしたら、kokkoまた、お語り始めたんです。
「パパ、ママ、パパ、あぶう」
CD掛け流し始めてから、kokkoのお語り、なくなっていました。

そして、kokkoが産まれたばかりの頃読んだ「語りかけ育児」の本、思い出したんです。

バックミュージック位の音量で、掛け流していたCDを、kokkoは聴いていたんですね。
聞き流すことは、大人には出来ることだけど、赤ちゃんには出来ないんだ、という本の内容を実際に感じる出来事でした。

また、読み直してみようと思います。
寝返りもハイハイもまだだけど、言葉は早くから使えるようにしてあげたいなぁと思うのです。
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
バンボチェアーゲット!
2005 / 06 / 13 ( Mon )
オークションでバンボチェアーを買いました。
バンボチェアーってヤフーで検索しただけで、色んな人の育児日記が読める。馬鹿売れなんだろうなぁ

早く届かないかな、たのしみ。

未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
二重です
2005 / 06 / 12 ( Sun )
kokkoのお目々、左だけが一重になったり二重になったりしてましたが
今日、ついに、右目も二重になりました。

トイザらス、日曜日は、いつも混み混み。
で、ちょっとはすいてるお昼時に行って遊んで来ました。
遊園地のない田舎町での遊び方です。いつか、上野動物園とかディズ
ニーランドとか行くぞう!!!
CIMG0326.jpg

CIMG0325.jpg

kokko | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まらまらまら
2005 / 06 / 11 ( Sat )
「まらまらまら」
kokko初めてのEメールです。

携帯で遊んでるkokkoが初めてうった文章です。
なんてかわいい響きの言葉なんだろう。

こんな事でさえ、忘れないでいたいな、と思うのはどうして?

いつか、私の元を離れていってしまうことを分かっているからなんでしょうか。

確実にあったこの時を、kokkoが忘れてしまっても
私は覚えていたいるんだぁ。
kokko | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぐずぐずの日
2005 / 06 / 10 ( Fri )
イライラぐずぐず・・・今日のkokkoの様子です。
おろすと怒って、息が出来なくなるんじゃないかなと思うくらい泣いてました。
熱はないようだしウンチだって出てるし。
体の不調ではないけど、イライラぐずぐず・・・こんな日が時々あります。
それとは逆にすごく朗らかで、人なつっこくて、一人遊びもできて、
とっても扱いやすい・・・と言う日もあります。
そんな日は、自分の育児に自信が持てて「良い子に育ってるよ?」
と何だか誇らしい気持ちになります。

今日は、とにかく「平常心、平常心」と自分に言い聞かせkokkoのイライラぐずぐずに負けないように、努めて明るく振る舞いました。
お昼寝中も、ずっと添い寝してました。

そんなワケで今日は、一緒に遊べなかったし、本だって読み聞かせしてあげられませんでした。
とにかく抱っこ抱っこの一日でした。

こういう日は、ちょっぴり自分の育児に自信が持てなくなります。
そしてちょっぴり、不安になります。

だけど、今、落ち込んでるワケではないんですよ。
明日、たとえkokkoが今日のように、またぐずぐずしてたって、kokkoのぐずぐず受け止めよう!と思えるんです。

「ようし、明日もがんばるぞう」
って逆に力がわいてくる、という感じです。

ホントにkokko産んで強くなったなぁと思います。
自分の強さに戸惑うくらいです。

でも、もっと戸惑ってるのは夫かもしれませんね。

kokko | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
33才になりました
2005 / 06 / 09 ( Thu )
今日は、近所の幼稚園へ。
リズム遊びや水遊びに混ぜてもらいました。

今日は450円で、子どもたちが普段食べている給食が食べられるのです。
以前からその幼稚園の給食のおいしさは聞いていたので、私の中ではこれがメインイベント!

5分つきの無農薬米に、有機栽培や国産にこだわったおかずがでます。
そういえば、kokkoと二人で外食(?)するのは初めてです。
でも、ここは幼稚園。
こぼしたって、kokkoに泣かれたって、授乳しながらだって問題なし!

私と同じように、今日の公開保育に参加している親子が何組かいました。給食の時間が始まり、私が座ったのは、わたしよりずっと若いママさんの隣。

その方に開口一番
「二人目のお子様ですか?」
と聞かれました。
「いえ、一人目なんですよ。」
と答えると気まずい雰囲気が・・・

まっ、しょうがないけどね。
5月で33才になりました。

でも私、ちゃんとその方と気まずい雰囲気を脱して楽しくお話しできましたよ。そこは年の功です。

私のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベビースイミング初日
2005 / 06 / 08 ( Wed )
昨日の夜はkokkoが笑うたびに心が痛かったです。
「明日、プールに入れられるなんて予期してない事なんだろうな・・・。」

もう勝手に、プールで大泣きしているkokkoを想像して、入会したことを後悔しているのでした。

周りのkokkoファンクラブ(ばあば、私の妹)も遠慮がちに反対のアドバイスを私にするし・・・塩素がどうしたこうした、水中毒がどうしたこうした、と。

心細かったのでママ友たちに「予定なかったら見に来て」と朝、メールを入れました。そして準備をしながら「kokkoが泣いたら、すぐにあがらせてもらうんだ!」と何度も心の中で誓いました。

いよいよベビースイミング初体験。

同じ教室にはkokkoと同じような月齢の赤ちゃんが何人もいました。
みんな、多少水がかかっても平気平気。
でも、ちょっと大きな赤ちゃんになると、プールサイドにも入ってこれない子や、水がかかると大泣きする子がいました。
「ふむふむ、まだ水の怖さを知らないうちに始めるのが良いんだな」
というのが私の感想。

kokko、当に、まだワケが分からないといった感じで、でも楽しくもなさそうだったけどなんとか40分間をプールの中で過ごすことが出来ました。

不思議だったのは、プールの中に足までいれるとkokko、自然にバタ足をしていたこと。すごい!すごい!


できた!できた! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
夫婦げんかパート2
2005 / 06 / 05 ( Sun )
ベビースイミングの見学に行ってきました。
今日のお出かけはパパも一緒。

そこで久々の夫婦げんか勃発です。

10時からのレッスン開始にママさんと赤ちゃんたちが水着になって次々プールサイドに集まってきました。
そこで私が気付いたのは、「休日なのに、親子っていったら、やっぱりママさんと赤ちゃんの組み合わせなんだね。」って事。それを夫に話すと、夫「当たり前だろう」みたいな返答をしてきました。

なんだかムッときて「(パパさん出てこい出てこい!)」と私は心の中でプールサイドにパパさん&赤ちゃんが現れるのを祈っていました。

そしたら・・・むふふ
パパさんと赤ちゃんの組み合わせ、いたんです。
一組だけ。
全てのプログラムを、照れくさそうに、でも、笑顔で一生懸命にこなしていました。
帰りがけ「いかがでした?」とスイミングスクールの方に声をかけられ
私が気になってたこと一通り質問し終わるとやっぱりあのパパさんのことが話題に・・・。

「ウチの夫なんて、ぜったいやってくれませんよ。」
という一言を夫に聞こえるように言って、話を締めくくり、スクールを後にしようとしたとき、いつもだったら私の後ろをついてくる夫が(ははは(^_^))私をぬかしてずんずん歩いていったのです。

むっ!!!

その後、お友達の家でバーベキューがあったからケンカは長引きませんでしたが久々にむかつき&むかつかれました。



さっき、ベビースイミングの申込、電話でしたところです。
「パパ、今度のベビースイミングkokkoと一緒に入ってよ」
と提案してみますね。
さてさて、なんて返答するのか?夫婦ケンカ再燃か!?
夫婦げんか | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小市民の休日
2005 / 06 / 04 ( Sat )
スーパーのチラシに「子どもの似顔絵先着100名さま500円」
というのを見つけてお出かけ。

描いてもらいました。
kokkoの髪の毛は私とおなじくせ毛。
すでに、くりんくりん。
似顔絵のkokkoの髪もくりんくりんでした。

同じように来ていた親子連れ、見たことある顔ちらほら。
前、他のスーパーでやってた「子どもの写真入りストラップ100円」っていうイベントにもきていたはず・・・
小市民の休日の楽しみかた、です。

おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
教育ママゴン
2005 / 06 / 03 ( Fri )
今日は、kokkoとお勉強系の体験教室へ。
体験は私たちだけ。普段行われてる教室の親子に混ざって体験させてもらった。狭い教室の中にイスと机がおいてあって、一度座ったら立ちあがるのも難しいくらい。
もう、そのその様子を見ただけで、帰りたくなった。私が帰りたくなったんだからkokkoも帰りたかっただろうに・・・。
授業は50分、座りっぱなし。
kokkoはイスになんか座ったことない。一人座りだってまだ完全じゃないのに・・・
最初は、「私が抱っこしててあげよう」と私の上にkokkoを抱えて座っていた。でも、周りの同じ月齢のような子たちがちゃんとイスに座ってたりするのを見るとなんだか「座らせなきゃ・・・」という気になってしまった。
フラッシュカードを何枚も先生が見せたあと、動物のカードをお母さん達にくばり、お母さん達は一生懸命子どもに「これはキリン。これは亀・・・」と説明していた。その姿は親子で「楽しむ」っていうよりも「教えなくちゃ」という気持ちが全面に出ていて、ちょっと怖かった。
でも、そんな中にいて、周りのお母さんが一生懸命やっていたりするのを見ると段々と
「こういう事kokkoにもしなくちゃいけないのかな?」という気になってくるのだ。
教室の中は最初寒かったけどあっという間に暑苦しいぐらいになって、
kokkoもおっぱいを欲しがり始めた。
おっぱい欲しがって我慢させたことなんてない私は、さくっとkokkoに
おっぱいをくわえさせたらなんだか妙な雰囲気・・・
確かに、周りでkokko以外にぐずってる子もいたけど退室もしないし授乳する様子のママはいなかった。

後からもらった資料のなかに、「授業中の授乳は禁止」と書いてあった。
えー!!!やだやだそんなの・・・今は泣いてたら抱き上げてあげたいしおっぱい欲しがってたらおっぱいあげたいよ私。

更に資料には、「10ヶ月すぎたら断乳することが大事」とも書いてあった。
いやいや、それは私受け入れらませんから・・・
kokkoがおっぱいを体力的にも精神的にも必要じゃなくなるとき自然に
卒乳させてあげるんだもの。

授業がようやく終わり、教室を出るとき、ママさんたち同士、挨拶もしない。一組だけ、なんだか「あの教材がどうしたこうした」とかいう話で盛り上がってて、駐車場につくまで夢中になって話してた。
抱っこしてる赤ちゃんの話なんかには全然なってないようだった。

ごめん ごめん kokko帰ろう帰ろう!!!
kokkoと私は教室を出たとたんいつもの調子が戻ってきて元気元気

私はkokkoにとってどんなママさんになりたいのか分かった事が今日の収穫したものです。

でも、ああいう中にいて、「子どもにとって大事、大事」と言われたら頑張ってしまうママの心理も分かります。子どもを愛する気持ちは同じだもんね。

友人に「早期教育は今、ビックビジネスだもんね」と言われた。あぶないあぶない・・・のっかっちゃうところだった

おでかけ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お誕生ブック
2005 / 06 / 02 ( Thu )
kokkoの本ができました。
よくベビー用品店や育児用品の通販なんかでのってるあれです。

例文があって、それを参考に作るから簡単かな?なんて思ったけど始まったら大変だった。
で・も・出来てみて、ちゃんと本になったものを見たら感動!
すごく良い!
マザーズバックに入れて色んな所に持って行って色んな人にみてもらってます。

| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
kokkoと産院を出た日
2005 / 06 / 01 ( Wed )
kokkoと図書館へ。
いつも赤信号でとまってしまう交差点の角にある定食屋。
今日も相変わらず赤信号にひっかかり停車中。ふと、その定食屋さんに目をやると張り紙が・・・
「臨時休業(妻 出産のため)」

定食屋の店主さんも、奥さんも見たことなかったけど
赤ちゃんも無事に生まれて母体も無事だったのか、とっても気になります。あの張り紙見たときは、思わず笑ってしまったけど。


kokkoが生まれて五日目の朝。
いよいよ産院を出る日。私がkokkoを抱いて、夫が荷物を持って・・・私も夫も何も言葉が出ませんでした。
でも、私が
「来た時は二人だったのに、出るときは三人だね、不思議だね」
と言った一言で、お互い我慢していた涙が溢れ、止まらなくなりました。この現実が嬉しくて嬉しくて・・・

定食屋さんもそんな朝を、奥さんと赤ちゃんと三人で迎えてることを祈ります。



パパとママの事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。